2013年09月10日

「六甲のおいしい水」がなぜ東日本から消えたか?

「六甲のおいしい水」がなぜ東日本から消えたか?

東日本では「販売終了」と告知し、小売店では販売しない方針をとった「六甲のおいしい水」。放射能汚染を心配している東日本の人たちが買い求めて、西日本で在庫切れを起こすほどだったとか。その反動が、販売終了というカタチになった。東日本では、関東圏のミネラルウォーターしか販売していません。

やはり、原発事故の影響です。

それにしても、そうした理由はいっさい触れずに、こっそりと販売をやめるのは消費者への裏切りではないでしょうか。

小売店での販売はないので、ネット購入しかできないのが現実です。



[2CS] アサヒ おいしい水 六甲 (2L×6本)×2箱
アサヒ飲料 (2012-06-11)
売り上げランキング: 24



●サントリーの天然水も西日本版があります。
関東では、「南アルプス天然水」しか販売していませんが、
西日本の天然水も出しています。放射能汚染が心配な人が買い求めるのを避けるためか、関東では小売店に並びません。

[2CS] サントリー 天然水(阿蘇) (2L×6本)×2箱
サントリー (2012-07-17)
売り上げランキング: 220



●コカ・コーラでも西日本版のお水を売っています。これは大山山麓のもの。「森の水だより」シリーズもエリアごとに限定した販売をしています。
やはり、放射能汚染を少しでも避けたい人たちから支持されているようです。
 こうした水もそうですが、野菜類も九州などから直接取り寄せる関東の家庭が増えています。海洋の放射能汚染水の拡散がとまらないことで、今後はますます内部被ばくの不安も広がりそうです。


[2CS] 森の水だより 大山山麓 (2L×6本)×2箱
コカ・コーラ (2012-06-22)
売り上げランキング: 48




これも西日本のお水。
[2CS] ウェルネス 四万十の純天然水 (2L×6本)×2箱
ウェルネス四万十
売り上げランキング: 42

posted by ローマ人くん☆からの手紙☆くん at 08:42 | 東京 ☁ | Comment(0) | 放射能汚染問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。