2014年07月28日

高1女子を殺人容疑で逮捕=同級生殴り、遺体切断―「私がやりました」・長崎県警


時事通信社 2014年7月27日 20時40分 (2014年7月27日 23時07分 更新)

 27日午前3時20分ごろ、長崎県佐世保市島瀬町のマンション一室で、同市祇園町の県立高校1年松尾愛和さん(15)が頭から血を流して倒れているのを、捜索願を受けて捜していた県警佐世保署員が発見した。松尾さんは既に死亡し、頭と左手首が切断されていた。松尾さんと同じクラスで、この部屋に住む女子生徒(15)が「すべて私がやりました」と殺害を認めたため、県警捜査1課は殺人容疑で逮捕した。

 女子生徒は逮捕後の調べに、反省の言葉は口にしていないという。同課は2人の間にトラブルがなかったかなど、殺害や遺体を切断した動機を調べている。

 逮捕容疑は26日午後8時ごろ、松尾さんの後頭部を鈍器で多数回殴るなどし、殺害した疑い。

 同課によると、女子生徒と松尾さんは中学、高校の同級生。松尾さんは26日午後、両親に「遊びに行ってくる」と伝えて外出した。松尾さんは「午後7時ごろに帰る」と母親に携帯電話からメールをしたが、帰宅しないため、同日午後11時すぎ、父親が「娘が帰宅しない」と110番した。

 同署員が行方を捜索し、女子生徒の住むマンションに行ったところ、女子生徒の部屋のベッド上で松尾さんの遺体を見つけた。頭部と左手首が切り離されていた。殴打や切断に使ったとみられる工具や血の付いた刃物も室内に残されていた。 
posted by ローマ人くん☆からの手紙☆くん at 00:00 | 東京 ☁ | Comment(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。